銀行で不動産投資をする

最近は、銀行でお金を借りて不動産投資をする人が多くなっているそうです。
では、不動産投資とはどのようなものなのでしょうか?不動産投資というのは、不動産を賃貸用として買って、家賃収入を他の人に賃貸することによって獲得するものです。
つまり、不動産のオーナーになることです。
最も不動産投資が他の投資と違っているのは、お金を銀行から借りることができることです。
株式投資などの場合は、お金を銀行は貸してくれません。
しかしながら、不動産投資の場合には、お金を金融機関が貸してくれます。
そのため、自己資金なしで高額の不動産を買って、家賃収入を獲得することもできます。
また、金利が低い場合にはお得な投資であると言えます。

不動産を買う際にローンを銀行で利用する場合には、団体信用生命保険に基本的に入るようになります。
この保険に入ることによって、万一高度障害になったり、亡くなったりした場合は、この保険によってローンの残った債務が支払われ、遺された家族は借金なしで相続ができます。
そのため、家賃収入がそれからも安定して確保することができます。

不動産投資をすると、税金が軽くなる場合があります。
というのは、必要経費として不動産投資のためのローンの利息や管理費や建物の減価償却費などが認められるからです。
そのため、課税所得が損益通算によって低下し、住民税や所得税が軽くなります。
本サイトでは、銀行と上手に付き合う、銀行の融資の流れ、についてご紹介します。


Copyright © 2014 銀行で不動産投資をするなら All Rights Reserved.